アコムは、三菱東京UFJ銀行がバックについてるので安心です。

消費者金融を初めて利用する時って、どこの消費者金融で借入すればいいのか・・よく分からないから迷ってしまいますよね。

「初めてのアコム」っていうコマーシャルもあるように、アコムは大手で安心だから、初めて借入する人にとっては、不安なく借入できる消費者金融じゃないかな。
三菱東京UFJ銀行がバックについてるアコムは大手で安心だし、それに対応もすごくいいという噂なので、アコムを選んで後悔している人って、まずいないんじゃないでしょうか。
初めて消費者金融を利用する時って不安なことが色々あると思うけど、でも信頼度の高いアコムを選んでおけば、それほど不安感なく利用できるかも。
ムリのない返済方法だって選べるみたいだし、初心者でも安心して利用できる消費者金融であることは確かかも。

これから消費者金融でお金を借りてみようと思っている人は、アコムで申し込んでみてはいかがでしょう?
アコムならむじくんで簡単に申し込めて、審査から融資まで全てその日のうちにできちゃうので、急ぎでお金を用意したい人にもオススメです。
アコムのむじんくんは全国に設置してあるし、土日祝日も平日と同じように夜の9時まで営業しているから、すごく便利ですよ。

おまとめローン審査も人気

おまとめローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで複数社に返済することで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を見直すことができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済する総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは否めません。

一方で、与信限度枠が高い人ほど適用金利は下げられますからおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

そのため、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば支払総額を増やさなくても、毎月の返済を楽にできます。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを申し込んだけど審査に落ちたという人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査がありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者は好まれませんので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

住宅ローンを借りる際にカードローンを利用していると審査に不利に働くという話を聞きますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですから可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。

なお、多重債務者の場合はアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用し、借入先を1本化することが先です。

おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンは不利になると思っている人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納することなくきちんと返済していればそれはプラス評価になります。

それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますから優良顧客という自信がある場合、同じ金融機関で住宅ローン審査の審査を受けてみてはいかがでしょうか。

銀行系消費者金融のアコムにはアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに利用できる借換え専用ローンと言う名前のキャッシングサービスがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることで新規借り入れ分を含めた借入総額が年収の1/3を超えても融資が認められるというものです。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが実質年利は7.7%〜18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンの借入金については限定されておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法は申込から契約まですべてインターネットで行えるweb完結です。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、わざわざ出かけて行かなくても申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますがweb完結なら必要書類を撮影しネットで送信すれば完了です。

web申し込みは審査結果を受け取るまではweb完結と同じですが契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンはこれまでに借り入れていた金融機関の金利よりも低い金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンを返済していくというローンの乗り換えを意味します。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなくおまとめローンというサービス名ですが、実情は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが消費者金融、銀行どちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

複数の金融業者から借金をしていると借入残高がマチマチなので管理しにくいですね。

多重債務をする人は借入可能額が低いために複数の業者から借り入れることになったのでしょう。

カードローンでは与信限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先を1社に集中したほうが有利になります。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なので積極的に利用することをおすすめします。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社利用していることが原因です。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用することで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

おまとめローンという商品を扱っている金融機関ではホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融よりも銀行ごとの金利差のほうが大きいので銀行のアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のローンがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

銀行のおまとめローンよりも最大限度額が低めではありますが安定継続した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでも申し込むことができます。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。

複数の借入れを1つにできるおまとめローンはバラバラな返済日を一括管理することができます。

アコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

おまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

毎月の返済額を少なくしたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが借入件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

審査では借入件数よりも過去の返済状況ですから事故さえなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必須になる書類には本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

今の借入残高を証明する書類の有無は、おまとめしてくれる金融機関によって異なりますが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など該当します。

いずれも特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車は高額商品ですから毎月の返済額が高くなってしまうのは当然です。

転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの返済の負担が大きくなりますのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むことも視野に入れることになるかもしれません。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社のマイカーローンで、キャッシング枠ということであれば対象となりますがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。

埼玉りそな銀行にはおまとめローン専用のサービスはありませんが「りそなプライベートローンJ」というフリーローンがあります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

利用できる人は日本在住、満20歳以上完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入があるという条件を満たす必要がありますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

アコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに申し込んでみたものの審査に落ちたという人はいませんか?その原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

審査の項目には年収、勤務先、勤続年数といった項目があり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスで常識的な範囲に収まっていれば返済可能と判断されるようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなりフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

おまとめローン審査通らない方へ

おまとめローンの金利は、通常の借り入れよりも安く設定されていることが多く、数%程度の違いがある金融会社もあります。
この金利で借り換えすると、金利だけではそんなに変わりないと感じる方もいるかと思いますが、支払い利息の総額を計算してみると、年間で数万円、2,3年だと十万円単位で変わって来るんです。

おまとめローン審査が通りやすい?おすすめの銀行【審査甘い?】
おまとめローンおすすめの消費者金融&銀行を掲載!様々なケースや審査内容などを検証し、自分に合った選び方で最適なおまとめローンが出来るよう、ポイントを紹介!ぜひ一本化してみて下さい。
www.duquende.org/omatome/